リーグ

RoboCupSoccer(ロボカップサッカー)

自律移動ロボットによるサッカー競技。ヒューマノイド型、車輪型のロボット実機による競技のほか、コンピュータ内で対戦するシミュレーション競技も実施。

サッカー:ヒューマノイド

ヒト型の、自律型2足歩行ロボットを使うリーグです。 2本足でボールを追いかけたりシュートをするので、ロボットの調整が大変難しいです。 1チーム3台ずつのロボットで競技するようになり、少しずつ人間のサッカー競技に近づいてきました。 ロボットの大きさの違うキッドサイズ、ティーンサイズ、アダルトサイズの3リーグがあります。

サッカー:標準プラットフォーム

各チームが同じプラットフォーム(ロボット)を使います。 ロボットの性能は同じなので、プログラミングの工夫がポイントです。 フランス製のヒューマノイドロボット(NAO)で競技します。
今回はエキシビジョンを実施します。

サッカー:中型ロボット

縦横50cm未満のロボット5台でチームを構成して、18m×12mの大きいフィールドを縦横無尽に駆け回る、迫力満点のリーグです。 ほとんどのチームが、全方向を見渡せるカメラを搭載しており、自分とボールの位置をすばやく判断して動きます。 人間のサッカーと同じボールを使用しています。
今回はエキシビジョンを実施します。

サッカー:小型ロボット

直径18cm、高さ15cmの、小さいロボット8台で1チームです。 フィールド全体を見渡すカメラを使って、ロボットは人間のサッカーを凌ぐ俊敏な動きをします。 また、ロボットの状況判断力も、ずば抜けています。車輪型のロボット(SSL)だけでなく、ヒト型ロボット(SSL-H)による競技もあります。

サッカー:シミュレーション

コンピューター上のスクリーンフィールドで、人工知能プログラミングされた11対11のプレーヤーがサッカーをするリーグです。 一番歴史のあるリーグなので、チームワークに優れた洗練されたプレーを見ることができます。 高さの無い2次元フィールド(2D)と、人型ロボットが技を競う3次元フィールド(3D)のリーグに分かれています。
今回は2Dのみ実施します。

RoboCupRescue(ロボカップレスキュー)

災害現場を想定した救助ロボットの競技。仮設の災害現場で競い合うロボット実機のエキシビションの他、都市災害を想定したシミュレーション競技も実施。

レスキュー:実機

被災現場をモデルとしたフィールド内にいる被災者の情報(状態・場所など)を、遠隔操縦または完全自律型のロボットを使用して調査し、その精度を競う競技です。
今回はエキシビジョンを実施します。

レスキュー:シミュレーション

直下型地震のおきた都市をシミュレーションします。その被災都市上で活動する3種類のロボット(消防、救急、土木)が協力して、どれだけ被害を食い止められるかを競います。様々な都市・被災状況で活躍できるバーチャルレスキューロボットが災害救助を行う競技です。

RoboCup@Home(ロボカップ@(アット)ホーム)

キッチンやリビングでのロボットの利用を想定し、モノを持ってくるなどの人に指示されたタスクを競う競技。実機の他、シミュレーション競技も実施。

@ホーム:ドメスティックスタンダードプラットフォーム

日常生活でのロボットの利用を想定し、リビングルームやキッチンなどの家庭環境において、いかに人間との暮らしに役立つ作業を遂行できるかを競います。トヨタ自動車製のロボットHSRで競うのが「Domestic Standard Platform League」(DSPL)です。

@ホーム:オープンプラットフォーム

ロボカップ@ホーム(アットホーム)リーグは、日常生活でのロボットの利用を想定し、リビングルームやキッチンなどの家庭環境において、いかに人間との暮らしに役立つ作業を遂行できるかを競います。自作したロボットで競うカテゴリーが、「Open Platform League」(OPL)です。

@ホーム:エデュケーション

@ホームリーグで使用するサービスロボットの開発には高度な専門知識と資金が必要となるため、開発促進を目的とした教育的な取組としてエデュケーションリーグが創設されました。競技ルールでのタスクを4項目に絞り、ソフトウェアはオープンソースを提供することで初心者でも開発しやすくなっています。

@ホーム:シミュレーション

日常生活の場面をコンピュータ上でシミュレーションし、ロボットが与えられたタスクをこなすことが出来るか競う競技です。

RoboCupIndustrial(ロボカップインダストリアル)

工場の生産現場を想定し、移動可能な産業用ロボットが複数の加工機械と協調しながら効率的に動く技術を競う競技。

インダストリアル:ロジスティクス

大量生産に適した固定ラインから、多品種少量生産に対応する柔軟なライン体制を重視する工場が増えています。そのような工場では製品を作るために複数の素材を複数の加工機械に運ぶ機能が必要です。そんな環境にも適合できるように、3台のロボットが加工機器の間を動き回り、協調して効率の良い生産のプランニングとスケジューリングを目指す競技となっています。本ジャパンオープンでは、入門用のオープンチャレンジで順位を競うと共に、10月のアジアパシフィック大会を想定したデモンストレーションを行う予定です。

Flying Robot Challenge(フライングロボットチャレンジ)

ドローンの災害対応分野への活用を目指す競技です。
災害現場を模した競技フィールドをドローンが自律飛行し、様々なタスクをこなす技術を競います。

フライングロボットチャレンジ:インドア

自律飛行するドローンを用い、屋内において、障害物の回避や負傷者の発見等を行う競技です。
GPSが使えない環境下で、ドローンの画像認識技術によって、災害現場の捜索を行います。